高校時代

高校の部活

高校時代は部活中心の生活。

ぜんぜん強くないけど
中学校からやっていたし、
とりあえずソフトテニス部に入部。

素振りからだめだったんだろうな。。。
ストローク練習中に肘に痛みを感じるようになって、
最初はコールドスプレーとか
湿布してたら我慢できてたから
練習続けてたんだけど、
普通に生活してるときに手首に痛み感じるようになって
最後には肩まで痛い。
腕上がらないし。
観念して病院へ。
テニス肘って言われました。


リハビリ開始


ケガ
お医者さんからリハビリしようと言われ
なんだかよくわからないけど看護婦さんに連れられて
リハビリ室へ。
まず、肘に電気を当てられました。
500円玉くらいの小さい吸盤10個くらいかな
それを肘にポチポチってつけて
電気を流されます。
ビリビリってする電気と
とんとん叩かれているような電気が
交互にやってっくる。
痛いようなきもちいいような。
⒑分くらいだったかな。
効果があるのかないのかよくわからない。


理学療法士とのご対面


リハビリ
そして、いよいよリハビリの先生とご対面。
きれいな女の人。
さばさばしててわりと話しやすい。

腕を曲げられたり
分度器みたいなので角度図られたり
揉まれたり
肩甲骨とか肘とか体幹までも
ストレッチいっぱいしてもらいました。

肩動かされる時は激痛だったけど
ちょっとづつ腕が上がるようになってきたし、
よくなるものだなと
ちょっと感心。